iphone修理を学ぼう!

電源ボタンにかかるiphone修理時間について

電源ボタンにかかるiphone修理時間について 電源ボタンの役割はiphoneを起動させる上で必要となるボタンでiphoneを使用する前には必ず行う作業の一つです。
たまに日常的に使用していく中で、その電源ボタンの利きが悪くなるといった症状が起こるケースがあります。
その場合にはアップルストア、アップルの正規プロバイダー、非正規の修理業者などにiphone修理の依頼を行うことも多いです。
まずアップルストアでは、電源ボタンの利きは日常で使用していく中での故障となるためiphone修理の保証の範囲内となり、無償となります。
そして修理時間についてもパーツを交換するだけとなりますので、その場で対応して貰える場合もほとんどです。
他にはアップルの正規プロバイダー、非正規の修理業者などが存在しますが、その場合でも即日対応を実施してくれます。
電源ボタン以外でも他のボタンも同様となり、期間もそれほどかからないiphone修理内容となります。
アップルストアの場合は事前に予約をするため、原則的に即日対応となりますが、他の修理業者に持ち込みの場合は担当者が居なかったり、交換パーツがなかったりして2~3日程度かかるケースもあります。

電源ボタンにかかるiphone修理費用について

電源ボタンにかかるiphone修理費用について iphone修理を専門にしている業者は電源ボタンを修理する事も可能です。
電源ボタンの修理代金ですが、キャリア以外のiphone修理業者だと約15000円程度の価格で修理してもらう事が可能です。
キャリアの代理店でも修理は可能ですが、その場合だと30000円程度の価格設定となります。
しかしキャリアの場合には保険に加入していると通信料が割安になるので、キャリア以外の専門店に依頼するのと金額的な差はなくなります。
キャリア以外の専門店に依頼した場合ですが、その後に故障した場合携帯キャリアのサービスが全て受けられなくなる可能性があります。
ほとんどないことにはなりますが、携帯キャリアによってはオプションサービスだけでなく、基本となる通信の契約自体を断ってくる場合もあります。
そのため修理を携帯キャリア以外の専門店に依頼する場合には、その後がどうなるのかをよく確認しておかないと後々が大変になる可能性があります。